出入国管理法

外国籍の方が日本で就労や留学、生活をするためには、地方出入国在留管理局に申請をして在留資格を取得する必要があります。中長期に日本に在留者している方は、条件が整えば日本の永住権の申請が可能になります。永住権はその名の通り日本に永続的に住むことができる権利です。また、日本の国籍取得を希望する方は、法務局に帰化申請をして許可が下りれば日本の国籍へ変更することが可能となります。

福岡市中央区に位置する虎子行政書士事務所は、主にこのような日本の居住権に関する申請書類の作成と申請取次を行う行政書士事務所です。「出入国管理及び難民認定法」に基づく日本の出入国在留管理庁の在留資格審査や永住権の審査は大変厳格なものです。また、帰化申請に至ってはさまざまな書類の提出が求められます。書類の作成や申請に関してお困りの方は、当事務所にご連絡ください。

Topics

福岡市で事業復活支援金の事前確認が受けられます 2022.02.25 / 

福岡市では2月7日から、福岡市内の事業者を対象とした無料の「事業復活支援金」事前確認窓口を開設しています。 事業復活支援金は売上げが30%以上減少した事業者が条件を満たした場合に申請ができますが、申請に際しては継続支援機…more

「事業復活支援金」が始まりました 2022.02.01 / 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた事業者の事業復活を支援するため、経済産業省による「事業復活支援金」の給付申請が2月1日から始まりました。売上が30%以上50%未満減少もしくは50%以上減少している事業者が対象と…more

外国語でワクチン接種の説明が受けられます 2021.12.15 / 

福岡県では外国語対応の新型コロナウイルスワクチンの接種専用ダイヤルを設置しています。ワクチン接種を考えているが母国語でできちんと説明を受けてから接種したいといった外国人の方は、ワクチンの副反応に関する情報、ワクチンの有効…more